DICTIONARY用語集
DICTIONARY 用語集

こちらのサイトで用いられる用語の一覧です

デュタステリド

デュタステリドとは、育毛、発毛の医療用お薬です

 

別名、ザカーロともいい、元々前立腺肥大症の薬で、アボルブとも言います。

 

フィナステリドと同じように前立腺肥大症の治療薬として開発

 

同じように5aリラグターゼの分泌を抑制することにより、男性ホルモンの一種テストステロンがより強力なジヒドロステロンは変換されることを防止する作用があります。

 

2015年9月厚生労働省 AGA治療薬として認可

 

デュタステリドはフィナステリドより効果が高いといわれている。

 

5aリラグターゼには「1型」と「2型」があります。フィナステリドは2型の分泌の抑制のみ有効。

 

デュタステリドは1型、2型の両方の分泌抑制に有効です。

また、半減期(薬の成分が血液中に溶け出して、その効果が半減するまでの時間)が長いので有効期間が長いのも違いです。

半減期が長いという事は、抜け毛を予防するという観点では良いのですが、その反面、解毒を担当している肝臓の、機能障害の副作用のリスクが高くなります。

 

米国FDAはデュタステリドについて高悪性度前立腺がんのリスクが上昇する旨を警告しています。

 

〈デュタステリドの副作用〉

・肝機能障害・黄疸・勃起不全・性欲減少・女性化乳房・乳頭痛

・乳房不快感・精液量減少• 前立腺がん・糖尿病・高脂血症・非アルコール性肝炎

 

※さらに注意※ 女性、子供、子ともを作る予定の方は触れるのもダメ!

 

デュタステリドも フィナステリドは男性ホルモンを抑える働きがあるので、女性、特に妊婦が内服することは絶対にいけません。

口から内服することはもちろんですが、皮膚からも成分を吸収してしまうので、錠剤に触れてしまう事もいけません。

 

使用している男性の体液に触れるのにも危険だと注意喚起されている方もいる<らいです。

 

妊婦の体内に入った場合、胎児が男の子だった場合に、生殖器が奇形になる恐れがあります。

そればかりか男女関係なく流産の恐れがありとも。

人間としてのすべての基礎が作られる胎児、子供の時期は、ホルモンバランスに非常に敏感なので、注意が必要です。

以下のページにも文言の内容が載ってます。

新着ページ

髪質改善トリートメントや自由が丘シャンプー、またヘアカラーやパーマのケミカル施術等の専門用語は、自由が丘の美容室Keep HAIR DESIGNのサービスご提供の際やご予約お申込み時によく用いられております。用語の意味が理解できずお困りのお客様のために、用語集をご用意しております。

通販で美容専門商品をお求めになる際も、商品の特徴や商品成分の確認がスムーズに行えとても便利です。自由が丘の美容室をご利用されるお客様にとって、快適にサービスをご利用いただくため用語を取りまとめ掲載していますので、ご覧ください。