現在の髪は食生活の成績表!?
美髪は食べるものから作られる!!
【髪質改善サロン】
【自由ヶ丘 keep hair design】

半年後のあなたの髪の毛は今の「食」から作られる

髪質を良くするには何をしたらいいのか?

 

美容室に来るお客様に必ず聞かれるセリフです。

もちろん、トリートメントやホームケアなど

外側からできるケア、

技術に最善を尽くしてお客様を綺麗に

させていただいております。

 

ですが、髪は人が日々食べているもので作られています。

つまり、育毛剤も治療も「栄養」と言う

土台がなければ外側からどれだけケアをしても

限界があるのです。

 

どれだけうまくメイクをしても、

もとのお肌のコンディションが良くなければ、

メイクは崩れやすくなります。

 

同じことです。

 

しっかりケアをしても効果が出る人と

なかなか効果が出ない人。

その差は日ごろの食生活です。

 

若いのに薄毛になってしまった、

出産後の抜け毛が数年経つのに回復しないなど、

深刻な悩みでカウンセリングにいらっしゃった方に、

私は必ず質問すること、それは「食」についてです。

半年後のあなたの髪の毛は今の「食」から作られる

髪質を良くするには何をしたらいいのか?

 

美容室に来るお客様に必ず聞かれるセリフです。

もちろん、トリートメントやホームケアなど

外側からできるケア、

技術に最善を尽くしてお客様を綺麗に

させていただいております。

 

ですが、髪は人が日々食べているもので作られています。

つまり、育毛剤も治療も「栄養」と言う

土台がなければ外側からどれだけケアをしても

限界があるのです。

 

どれだけうまくメイクをしても、

もとのお肌のコンディションが良くなければ、

メイクは崩れやすくなります。

 

同じことです。

 

しっかりケアをしても効果が出る人と

なかなか効果が出ない人。

その差は日ごろの食生活です。

 

若いのに薄毛になってしまった、

出産後の抜け毛が数年経つのに回復しないなど、

深刻な悩みでカウンセリングにいらっしゃった方に、

私は必ず質問すること、それは「」についてです。

 

インナービューティ ヘアケア 髪質改善 美髪

自分の食生活を振り返ってみませんか?

昨日、何を食べましたか?

どんなことに気をつけて食事をとっていますか?

ダイエット中ではありませんか?

外食が多かったりお弁当などの出来合いのもの、

偏ったものばかり食べていませんか?

 

なぜそんなことを聞くかと言うと、

薄毛などで悩んでいる方のほとんどが、

様々な理由で食生活が乱れていたり、

ベジタリアンなど偏った食事をしたりしているからなのです。

 

無理なダイエットで急激にカロリーを減らした結果、

髪がパサパサになってしまった、

細毛になってしまったという経験がある人も多いのではないでしょうか。

 

健やかな髪の毛を作るのは、確かの栄養です。

 

育毛外来のドクターがまず行うのも「栄養指導」。

 

たとえ高い注射打ってもらっても、ホルモンバランスに働きかける薬を処方してもらっても、

「栄養」と言うベースがなければ効果を発揮しないです。

 

髪を作る材料もエネルギーも不足していれば、

どんなにヘアケアを頑張ってても

きれいな髪は育ちません。

 

また、ヘアケアはお金に糸目をつけなければ

サロン任せにできますが、

髪の元となる栄養を体内に満たす事は

自分にしかできないこと。

 

内側からのケア(食事)とヘアケアは、

2つでセットで考えましょう。

 

髪の毛は全て食べたものからできている

 

何を食べたのかはっきりとわかるのが髪の毛です。

髪は身体の成績表!

様々な事件も髪の毛で検査するほど

髪の毛は体の中の状態をはっきりと打ち出します。

 

特に髪にとって大切なミネラル成分は

血液よりも毛髪から、検出されやすいのです。

 

肌がの鏡なら、髪は体の成績表。

 

私が美容師としてお客様にアドバイスをし始めた頃は、「いかにヘアケアをするか?」と言うことが1番の関心事でした。

それが現在では、「どんな食生活が髪に良いのか?」と言う研究も大きなトピックとなっています。

 

というのは、食生活を改善したことがきっかけで、劇的に髪の状態が良くなった例を数多く見てきたからです。

 

80代の方の髪が食を変えただけで黒くなったと言う事例もあったことです。

 

私たちの体は、食べたものから作られています。

だからこそ栄養状態が改善すれば、

これから生えてくる髪は驚くほど変化し始めます。

たとえ何歳でも、どんな状態であっても。

 

むしろ、年齢を重ねると「食の改善」は

若い頃よりもてきめんに

肌や髪の変化として現れるのです。

 

10代、20代であれば新陳代謝も活発なので、多少の不規則な生活、不摂生をした位ではトラブルとなりません。

 

けれど、30代後半位から消化、

吸収能力がだんだん落ちてきます。

食べたものをきちんとエネルギーに変換できないから太ってしまったり、内細菌のバランスが乱れてきて栄養吸収できなかったり。

 

栄養を受け入れる体の状態が変化していくので、大人年齢になってもより賢く、より正しく選んで食べていく必要があります。

クオリティをあげるために 必要不可欠な【3大美髪フード】

美しい髪を育てるためには、体にその材料の栄養が満ちているのが大前提です。

といっても、ストイックに節制したり、難しく考える必要はありません。

あれもこれもと気にし始めたらキリがありませんが、攻略するにはコツがあります。

 

美髪に欠かせない重要度と、現代女性の食生活で不足しがちなものと言う、

2つの要素を軸に絞り込んだのが、

これからご紹介する「3大美髪フード」です

  • 髪質改善 インナービューティ

    タンパク質

     

    髪の材料であるだけでなく、筋肉や臓器、肌、爪など体のほとんどはタンパク質から作られています。

    卵やお肉、大豆など、いろんな食材から取り入れましょう。

  • 髪質改善 インナービューティ

    ミネラル

     

    たくさんの種類のミネラルをいいバランスで取るのは至難の業ですよね。

    そんな時に簡単で、しかも頼れるのが色の黒い食材です。

     

    黒ゴマや、昆布、ひじき、わかめ等ブラックフードを意識してとれば、自然とミネラルが足りるようになります。

  • 髪質改善 インナービューティー

    発酵食品

    最後は、納豆やみそ、豆腐など

    日本人が長きにわたって食べてきた数々の発酵食品です。

     

    体に良い食材でも、できちんと消化、吸収できなければ無駄になってしまいます

    また、発酵食品は素材そのままよりも栄養価が高くなります。

     

    例えば牛乳そのままよりもチーズの方が、

    大豆そのものより納豆の方が栄養価が高いもの。

    を活性化させ、同時に栄養も取れるので、こんなにお得な話はありません。

     

    食生活をがらりと変えるのは難しくても、この3つを取り入れるのはそれほど大変では無いはずです。

     

    しかも確実に艶髪へと変わってきます。

次は、それぞれの食材の特徴や取り入れ方を、

ご紹介します。

【警告!現代人は戦後すぐと同じレベルの栄養失調状態】

髪質改善 インナービューティ

絶対不可欠な3大美髪フード①タンパク質

 

髪の毛はもちろん、体のほとんどはタンパク質から作られているにもかかわらず、

現代人は物資が不足しがちだった戦後と同じ位の摂取量しか取れてないとか。

これでは健康な髪の毛が生えてくるはずがありません。

 

最近よく耳にするのが、スムージーだけとか、〇〇健康法で〇〇ばっかり食べているといった極端な食生活。

食べ物が偏りすぎてその結果必要な栄養素が足りていない人がとても多いのです。

また気をつけたいのがベジタリアン。

もちろん植物性の食物からもタンパク質を取ることができます。

しかし食品に含まれるタンパク質の量を考えたとき、植物性の食べたものだけで必要なタンパク質量を取りきる事は、大変難しいです。

 

さらにポイントとなるのは、食品に含まれているタンパク質がすべて吸収されるわけではないと言うこと

 

ダイエット経験のある肌なら「アミノ酸スコア」と言う言葉を聞いたことがあるかもしれません。

食べた食品のアミノ酸(=タンパク質)の「吸収されやすさ」を示す指標です。

 

牛肉や豚肉、鶏肉などの肉類はアミノ酸スコアが100で、摂取したタンパク質はそのまま体内で利用されると思って良いわけです。

 

卵や牛乳などもアミノ酸スコアが高い食材ですので、「動物性タンパク質は効率が良い」ということがわかります。

 

ただし、動物性タンパク質には脂質も多く含まれますから、ダイエットと言う観点では取りすぎに注意したいところ。

動物性、植物性をバランスよく、毎日たっぷりと取るようにしましょう。

 

毎日の食事に「ちょい足し」すると良いおすすめ食材は、

大豆の水煮、ゆで卵、イワシやサバなどの魚缶詰、ナッツ類、納豆などです。

圧倒的なミネラル不足をブラックフードで補う

絶対不可欠な3大美髪フード②ミネラル

 

昔から「わかめで髪が増える!」と言う迷信がありますが、それはわかめに含まれる豊富なミネラルが髪に良いと言う事実からです。

 

艶やかで美しい髪を生成するのに欠かせないミネラルはマンガンマグネシウムなど、13物種類に及びます。

 

ちなみにこの13種類は、厚生労働省によって「抜け毛予防、薄毛改善に効果的」とされているというお墨付きです。

 

また、亜鉛が不足すると白髪になると思言われており、白髪予防の面からもう取っておきたい重要ミネラルの大小です。

 

また髪の毛の材料であるタンパク質をいくらとっても、亜鉛が不足していればそれを髪の主成分であるケラチンなど再構成することができません

 

ミネラルは人の体内で作ることができないため毎日の食事からとるしかないのです。

 

しかしいくら大切な成分であってもこれからの成分をいちいち覚えたり「この食材にはマグネシウムがどのぐらい…?」なんて考えていると、それだけでストレスになりそうですよね?。

 

そんなストレスを解消し、手っ取り早くミネラルを補うために私がお勧めしているのはブラックフード

 

見た目で選べばいいんですから、こんなに簡単なことありません。いつも使っているゴマを黒ゴマに変えたりスープちょっとワカメを加えるといった簡単なひと手間で、ミネラル摂取量がぐんとアップします。

 

ぜひキッチンに常備してほしいブラックフードは、

のり、プルーン、ひじき、わかめ、塩昆布などです。


 

発酵食品で「美髪菌」を増やす

髪質改善 インナービューティ

絶対不可欠な3大フード③発酵食品

現代人のは汚れていると言われています。

食物はから吸収されるので、が汚れていてはせっかく良いものを食べても体に吸収されません。

 

私たちのにはおおよそ1キログラムの内細菌が潜んでいます。

その種類は3万を超えるとも言われていますが、体に良い働きをしてくれる善玉菌と、内で食べている物を腐らせたりガスを発生させる悪玉菌

そしてその2つのバランスによって働きがコロコロ変わる日和見菌(ひよりみ)と言う3つのグループに分かれます。

 

普段食べているものによってそのバランスは変わりますが、避けて通れないのが加齢による内細菌の集合体、いわゆる内フローラの変化です。

 

20代、30代はそのバランスが比較的安定しているのですが、40代に入るとビフィズス菌などの善玉菌が減り始めます。

 

逆に、子供からはほとんど検出されないウェルシュ菌と言った悪玉菌が増えていくのもこの時期です。

 

内細菌のバランスがこうして乱れてくるのは、髪にも肌にも、全身の健康にとっても大きなマイナスです。

 

何故かと言うと、それまでと同じものを同じように食べても、同じだけの栄養が吸収できなくなっていると言うことだからです。

 

発酵食品がそんな内フローラを整えてくれるのはもちろんですが、食品として栄養価がアップしている点を見逃せません。

 

例えば大根をぬか漬けにすると、生のものよりもビタミンB1が15倍、

ビタミンB 6が5.5倍にもなります。

内フローラを整えつつ栄養も整えるのだから効率的です。

 

内フローラの状態良くしてくれる

善玉菌のことを、「美髪菌」と呼んでいます。

ダイエットにも最適で、通称『痩せ菌』とも言われています。

 

「美髪菌」のために毎日ちょこちょこ取りたい発酵食品は、

甘酒、ぬか漬け、キムチ、ヨーグルト、飲むお酢です。

 

忙しい現代人が

これらの栄養を満遍なく取るのはとても難しいです。

それでも髪を綺麗にしたい、

健康でいたい!

綺麗になって自分に自信を持ちたい!

そんな気持ちは、どの時代。どの年代も

変わらないものかと思います。

 

ユーグレナ 腸活 髪質改善

グリーンポットには、ユーグレナが入っており59種類の肉、魚、野菜の栄養素がいっぺんに取ることができ、

タンパク質、ビタミン、ミネラル、不飽和脂肪酸など体に吸収されやすい形状で摂取することができます。

 

健康補助食品としてこういったサプリメントも同時で取ることをお勧めします。

グリーンポットには、ユーグレナの他に

緑麦芽と言う善玉菌が配合されており、

に最低1週間滞在すると言われる善玉菌を1日に二億個摂取することが同時にできます。

 

ユーグレナの、59種類のビタミン、ミネラル、タンパク質、不飽和脂肪酸の豊富な栄養素と、食物繊維も含まれており、さらに緑麦芽の善玉菌により内を善玉菌優勢にすることで、

健康補助食品としては万能薬ともいえるものです。

 

このように手軽に栄養が取れるドリンクやサプリの事についてお話しします。

完全栄養素ユーグレナとは?

特有成分「パラミロン」が余分な油を吸着し排出します。

 

ユーグレナの特有成分「パラミロン」は、食物繊維が詰まった天然素材で、表而に無数の小さな穴(ミクロホール)を持ち、余分な油などの不要物を取り込んだまま排出します。

 

抗がん作用、免疫力向上、便通改善

その他、 多柾多様な有用性が注目さ、 研究が進んでいます。

 

ユーグレナには、59種類の 栄養素が含まれています

 

動物と植物に含まれる59種類のタンパク質、DHA,EPAミネラル、ビタミンなどが豊富に含まれている珍しい自然素材です。

 

 

ユーグレナ59種類の栄養素】

 

野菜に含まれるビタミン類14種類

 

ビタミンAB-カロテンビタミンB1ビタミンB2ビタミンB6ビタミンB12、ビタミンCビタミンDビタミンEビタミンK1葉酸パントテン酸ナイアシン,ビチオン

 

からだの調子を整える大切な栄養素!

女性にうれしい葉酸も配合!

 

 

 

肉・卵に多いアミノ酸18種類

 

ヒスチジンフェニルアラニンロイシンイソロイシンメチオニン、バリン、スレオニントリプトファンリジングルタミン酸セリンアスパラギン酸シスチンアルギニンチロシンアラニングリシンプロリン

 

バランスよく摂ることで、より強く、美しく!健やかな毎日をサポートします。

 

 

青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸11種類

 

 DHAEPAパルミトレイン酸オレイン酸リノール酸リノレン酸エイコサジエン酸アラキドン酸

ドコサテトラエン酸ドコサペンタエン酸ジホモ-r-リノレン酸

 

からだの機能を正常に保つ働きをするミネラルは、体の中ではつくれません!

コレステロール対策にオススメ!適量を摂ることが大切です。

 

海草・乳製品に多いミネラル9種類

 

マンガン亜鉛カルシウムマグネシウムカリウムナトリウム

 

 

ユーグレナ独自成分(β-グルカン、食物繊維)7種類

 

パラミロンクロロフィルルテインザアキサンチンGABAスペルミジンプトレッシン

 

 

ユーグレナ独自の栄養素パラミロンとサビない体作りに欠かさないデトックス酵素成分

 

髪質改善 ユーグレナ 美髪

髪に栄養が足りてないと感じた時はグリーンポットがオススメです!

先述した通り、髪がパサついたり、

元気が無くなってきた時、

髪に必要なものは

タンパク質やミネラルなどの栄養です。

 

日本の場合は土壌がかなり貧しく、

食材に含まれるミネラルが

昔と比べて減ってきています。

 

髪にトラブルを生じている方は亜鉛、あるいはその両方が極端に少ないケースが多いんです。

 

その原因の1つは、ミネラルやビタミンが少ない水化物の摂取量が多いこと。

 

 

動物性のタンパク質をとっていけば、亜鉛といったミネラルがかなり摂取できます。

 

しかも、同じものを同じように食べても、消化吸収能力は人によって違います。

 

ミネラル不足の方は消化吸収力が落ちていることが多く、消化しやすくするため酵素のサプリメントをお勧めすることもあります。

 

すべて食事で賄えれば理想的ですが、極度に栄養状態が悪い場合はサプリメントを利用することで、回復がスムーズになります。

 

セロトニン 生活習慣

セロトニン(幸福ホルモン)で薄毛予防!

更年期は必ずしも薄毛の理由になるわけではありません。

 

誰もが更年期の影響で薄毛や、細毛になると思ってる方が多いですが、

病気で女性ホルモンを分泌する役目を補う卵巣を切除した方でも、髪の毛の状態が全く変化しないケースもあります。

 

生活習慣や、栄養状態がきちんとしている方は、更年期に入ってもブレにくいと思います。

 

 

そして1番大切なのは精神面。ストレスです。

 

中高年の女性の急な抜け毛白髪の背後には、介護の問題なども多いのです。

 

ストレスの問題は避けて通れません。

 

そして、

ハードなダイエットやもそうですが、無理は禁物。

 

生活習慣を正すことが重要です。

 

さらに、睡眠の影響も大きいです。

 

「寝る子はよく育つ」とはよく言ったもので、

深い睡眠の時に臓器の再生、髪や肌の代謝が進みます

 

よって睡眠時間もさることながら、睡眠の質はとても重要です。

とても質の高い睡眠に入れれば、ヒーリングホルモンでもある成長ホルモンがたくさん分泌されます。

よって、

幸福ホルモンでもあるセロトニンや、睡眠の質を高めるメラトニンが分泌され、

 

『心身ともに美しくきれいになることができます。』

美髪 髪質改善 ヘアケア インナービューティー

髪は健康状態を知らせるアラート!

 

髪の毛はいわば、全身状態を反映する鏡のような存在だと私は思っております。

 

髪や肌は、「健康トラブルの最初のアラート」だと考えています。

 

なので、毛髪診断をする際に今現在抱えている体の不調に気づいていただく入り口にもなるのです。

 

体の調子を整えると髪も肌も勝手に良くなっていきます。

 

よく髪の毛は「親も〇〇○だから」と遺伝のせいにするのも違うと思っています。

 

肌や髪は遺伝子の影響が4分の1、

食事や運動といった環境因子が4分の3くらい。

 

このように遺伝の影響の方が小さいので、あきらめずケアを続ければ必ず良い方向に改善します。

 

普段から摂る栄養状態が変わると、

その影響は全身に影響します。

 

髪のトラブルでうちのサロンに通っていたのに肌も一緒にきれいになった。

とか、

産後の鬱や仕事のストレスにより悪化した体調が改善したなどと言うケースがすごく多いです。

 

 

髪の毛のケアに本気で取り組めば

お肌も綺麗になり、

生活の質も上がると言うことです。

 

髪を綺麗にすることが自分の自身や、

綺麗になったのだからこんなことをしたい!

こんなヘアスタイルにしたい!

そんな風に前向きな気持ちになって頂ければと思います。

 

頑張って素敵なライフスタイルを送れるように取り組んでいきましょう!!

GREEN POT KEY SUPPLI グリ ーンポットキーサプリ

 

 

90粒入り/ 30日分通常価格 4,800円(税別)

 

21粒入り/7日分通常価格 1,500円(税別)

 

定期購買/ 30日分通常価格 初回2ヶ月 2,400円(税別)

3回目以降  4,320(税別)

 

商品名

グリーンポット キーサプリ

内容量

90粒(30日分)

特徴

健やかな毎日を応援することをコンセプトに、ミドリムシや有胞子性乳酸菌、オリゴ糖、水溶性食物繊維等を配合。

区分

健康食品

原材料

ユーグレナグラシリス、澱粉、フラクトオリゴ糖、有胞子性乳酸菌食物繊維/ゼラチン、ステアリン酸Ca、微粒二酸化ケイ素、着色料(ベニバナ黄色素、クチナシ青色素)

製造国

日本

販売元

株式会社BIC ホールディングス

 

[お召し上がり方]

1日当たり3粒を目安に噛まずに、水またはぬるま湯でお召し上がりください。

 

[栄養成分表示(3 0.936g当り)]

エネルギー:3.75kcal、たんぱく質:0.32g、脂質:0.07g水化物:0.46g、食塩相当量:0.005g

ユーグレナQ&A

 

【飲み方について】

Q, 飲み方を教えてください。

 

A.  食品と一緒なのでいつのタイミングで飲んでもらっても大丈夫ですが、 1 日 3粒毎食後にコッブ1杯のお水とお飲みください。

または、 ご自身が忘れないタイミングをお勧めしています。

 

Q, まとめて3粒飲むのと朝昼晩分けて飲むのに効果は変わりますか?

 

A. 服用のタイミングでの効果に大差はございません。

習慎化していただきやすいタイミングをお勧めしています.

 

Q, 牛乳など水以外の飲み物と一緒に飲んでも問題ないですか?

 

A. サプリメントは食品なので、 牛乳と一緒に飲んで頂いて問題ありません。

 

【成分・形状について】

 

Q,1粒当たりのユーグレナ配合量は?

 

A.  150mgです。1 日3粒お飲みいただく場合は450mgです。

 

Q, ユーグレナ認定マークがついていないのはなぜですか?

 

A. 1日の摂取量が500mg以上のもののみ、株式会社ユーグレナ認定マ ークが付きます。

グリーンポットは450mgなのでマークはついておりませんがユーグレナ社様との共同開発品です。

 

Q,    形状はカプセルですか?粒ですか?

A.    カプセルです。

 

Q,  なぜカプセルにしたんですか?

 

A.    複数の成分をミックスしてコーティングできるのがカプセルです。 震粒のままだと組み合わせにくい成分も、カプセルに詰めることで同時に効果を得ることができます。

カプセル形状をとることで成分の溶けだす時間を調整できます。

 

Q, 色がついてますがなぜですか?

A.  サプリに色をつけるのは、メーカーが製造上、罷別させたり、患者さんの飲み忘れを防いだり、カプセルに色をつけることで中身の成分を守る効果もあります。

 

 

Q, 着色料は何ですか?

 

A. バッケージ記載の通り、ペニパナとクチナシを使用しております.

植物や実などから採れる色素で、安心安全な着色料を採用しております。

 

Q,カプセルの原材料は何ですか?

A. カプセルの成分はゼラチンです。

 

Q,     乳酸菌の数を教えてください。

A.   1日あたリ(3粒)粒に2億個の有胞子性乳酸菌を配合しています。

 

Q, 乳酸菌の種類を教えてください.

 

A.   「有胞子性乳酸菌」です。

 

有胞子性乳酸菌は、「胞子」(=固い殻)を形成するタイプの乳酸菌です。

一般的な乳酸菌は、 育酸や胆汁、熱のような悪衷浣に弱く、

そのような喋現ではほとんど死滅してしまうのですが、

有胞子性乳酸菌は胞子の固い殻で体を守っているため、 育酸や熱、乾燥に強く、適度な水分と温度によリ発芽し、増えていく乳酸菌です。

 

 

【飲んで良いかの判断について】

 

Q, 子供が飲んでも大丈夫ですか?

A.    何歳以下は飲んではいけないという決まりは設けておりません。

カプセル形状のものをお飲みになれるお年からのご使用をお願い致します。 お子様によって個人差もあるので大人の半分くらいの呈で

お試し頂くこと をおすすめしております。

また、全成分を裏面にてご確認の上、お子様の体質に問題ないことをご確認頂いてからのご使用をお願い致します。

 

 

Q,  飲んではいけない人はいますか?

 

A.    以下に該当する方は、 個々の体調が異なりますのでお医者様とご相談ください。

 

■    アレルギ一をお持ちの方

 

特定表示成分は含まておりません。

ただしアレルギーが気になる方へは下記の通りご案内しておリます。

各商品の原材料名をご確認の上、食品アレルギーがご心配な方は、ご使用をお控えください。

■    医師から食事制限の指示を受けている方

■    お薬を服用中の方

特に、石垣産ユーグレナミドリムシ)や大麦若葉にはピタミンKが含まれておリますので、「ワーファリン」を服用されている方は、お医者様へご相談されることをおすすめします。