美容師としてコロナ禍を経て働く環境はどう変化したか?
美容師として
「どのように仕事を進めていけばいいか悩んでいる」
働く上で誰しもが抱える悩みを取り上げ、その解決策をお伝えします。

美容師としてキャリアアップの秘訣

美容師として会社に入社したからには

入社した会社組織において、誰もがキャリアを積み上げていきたいと思います。

コロナ禍を経て働く環境はどう変化したか

というテーマを解説していきます

■リモートワークで変わったこと■

美容師としての働きかたをお伝えしていますが、あえて今回は大きな視点で「働きかたの変化」という視点ででお伝えしていきます。

コロナで変わったところと言えば、

リモートワークという仕組みが働き方の中に整った事が一番大きいです。

 

一般の会社ではすでに会社によってはリモートをやめて、元の出社体制に戻したところもあるかと思いますが、

ミーティングなど数字を扱う会議などはリモートでミーティングしたほうが効率も良かったり、通勤時間もなくなるので、その分行動量が増えたりとかっていうところのメリットも当然あるという風にショウセイ株式会社は認識をしています。

結論、どっちも一緒に使っていけばいいので、

うちの会社では基本的にzoom(リモート会議参加)を継続しています。

 

では、なぜそれが出来るかというとポイントは、ショウセイでは結果で評価する事を徹底しているからです。

評価が曖昧な組織ほど、働き方を見ないと評価ができないからリアルなミーティングに戻すのであって、ズームなどリモートで結果が出せていない時に、単にリモートが合わないと決めつけつけるのではなく、評価が曖昧なのではないか、という事を見極める必要があります。

一方で出社は、人が集まることで、この会社の一員であるという認識(所属意識)が強まるという点があり、これはメリットとしてありだと思っています。

出社での会議の頻度は、月1回なのか、月2回なのか、そこはもう会社の決めの問題なので、

後は決められたルールの中で動くという事が重要です。

■直接対面で話せないとコミュニケーションは取りづらいか?■

■直接、話せないとコミュニケーションが取りづらい?■

ズーム会議は効率が良くなり時間を使え、その分行動量が増えるなどメリットもあり、

一般企業の会社としてもリモートワークという仕組みが働き方の中に整った事が一番大きなコロナ後の変化だったという話をしました。

 

では、リモートワークによって「直接対面で話せないとコミュニケーションは取りづらいか」というテーマになるとどうでしょうか。

まず、人間としてそれはやりにくいって感じる事はあるはずなので、それ自体は否定しないでいいと思っています。

 

ただ、大事なことは、そもそも社内でのコミュニケーションは、それぞれに課せられている役割(責任)を果たすために会話をするという事です。

一人一人がしっかり責任を持って仕事を遂行していた時に、仕事が前に進まないというのであれば話をするだろうし、答える方もそれにしっかり答えてあげなければいけません。

お互いが責任を持って仕事をしている時においては、話しかけにくいとか、聞きにくいとかそういったことが発生してはいけないと思いますし、逆にそうならない環境を目指すことが大事だと僕は考えています。

 

出社でもリモートワークでも「責任を果たす為の会話」という事ができていれば、コミュニケーションは同じことであると僕はそう思っています。

評価制度の仕組みがしっかり整っている会社とは?

もし、あなたが今の美容室で「評価制度の仕組みがしっかり整っている会社」にいるとしたら、

最初に言った通り、

・あなたが上司に何を求めているのか?

・その求められたことを達成できているか?

・もし達成できていなければ、なぜできていないのか?

を把握し、改善していけば、必ずいい評価につながるはずです。

 

なので、まずは現状を受け止めて、

「自分が何を求められているのか?」

を確認しましょう。

そのうえで「量をこなすこと」を第一に頑張ってみることです。

もし、会社が目指す未来と、自分の目指すゴールが違うのであれば、

そのズレがない環境に転職するというのもありです。

そうすれば、おのずと、キャリアアップが果たせるはずです。

 

ここまでの内容はいかがでしたでしょうか?

皆さんのキャリアアップの参考になれば幸いです。