若いスタイリストが育ち輝く仕組み
美容師として成功して終身雇用を目指す会社「ショウセイ株式会社」
理念を元にみんなの夢かなえます。

従来のヘアサロン

オーナースタイリスト、店長スタイリスト、キャリアのあるスタイリストがお店の上顧客を担当しており、

お店の売り上げ8割をを上記ののスタイリストが締めているため、もちろんお店の売り上げを保つためには、上顧客優先になる。

 

そうなると、

ほとんど下のスタイリストたちがスタイリストとして枠がなくなり、アシスタント業務に回ったりと、

新規など自分のお客様の人客出来ない状態が続いていることが多いと思います。

最終的に会社としてチームを強くするためには、どうすれば良いのか。

スタイリスト求人

予約の調節「次回予約」

予約の調節をしなくてはいけません。

 

予約の調節はベテランスタイリストも新人スタイリストもしなくてはいけません。

 

必ずしなくてはいけないのは次回予約です。

 

ここで大切なのは上のスタイリストがサロンにいないときにいかに新人スタイリストが入客出来るか。

お店の上顧客に今まで通りの売上を支えて頂くか。

 

 

 

この2点がサロン(会社)と新人教育、成長に欠かせない重要事項です。

 

 

なので上顧客は必ず次回予約が必要になります。

 

次回予約できない場合は予約が摂りづらくなっているので、その際は別担当になることを伝えます。

 

このときに無理矢理詰めて予約をとったりして枠を埋めないのが則です。

常連の上顧客様ほどホスピタリティーは絶対に落としてはいけないからです。

働き方改革

働き方改革

売上が持っているスタイリストほどしっかり予約の調節、次回予約の管理と休みを増やすなどサロンに立つ日を制限するということです。

 

上顧客は次回予約率が高いので休みを増やしたり、予約の調節をしても、

特に売上は下がらないばかりか、予約が取れない人気スタイリストとして認知して頂き、お客様が日程を合わせて頂けるようなります。

そうすると自然と新規指名やご紹介のお客様も増えていきます。

お客様イコール患者

美容師イコール医者

 

のような関係性になっている場合がほとんどです。

 

売り上げのあるスタイリストが休みが増えれば、

 

当然予約枠数が空くので、

そこに会社で集客に投資をします。

 

ホトペ一番上位のプランにして、

内部のコンテンツ、

口コミの充実。

ヘアカタの見直し、

サロンの売りの明確化、

 

をすることで集客はある程度可能です。

 

その新規を1年間から2年間、新人スタイリストに振り続けます。

だいたいの場合スタイリスト2年以内で技売り100万は超えてくると思います。

 

 

ここで重要なのが単価はけして落としてはいけない。

単価以上にホスピタリティー、特化した技術で売り切る。

 

そして、満足度高めの口コミをもらう。

 

サロンのブランド力を高めることが成功のプロセスです。

ヘアサロンでいう ブランドとは、 一年目のアシスタントから 一人一人の生産性を上げるためにすること。

ホトペの上位プランなどで新規を呼ぶ場合、広告宣伝費はバカになりませんが、

 

新人に新規を入客してもらい成長させる教育費と思えば未来の原資として生きてくると思います。

美容の経営は、近い未来AIとかには出来ないスタッフの存在そのものが財産、宝であり、

若いスタッフが、未来の売り上げを作る財産になると言うことです。

休みの充実

【売り上げよりもプライベートを重視したい場合。】

休みは、

ジュニアスタイリストで休みたい人はそれでも構いません。

 

日数や時間の部分で売上、技術の成長スピードを上げたいスタッフは、

 

基本給を法定内の時間月給を増給するなどしてとして、

週休2日から隔週2日にするなどして日数の働きかたのチョイスも出来る様にします。

 

基本給24万プラス歩合 週休2日、

基本給26万プラス歩合 隔週2日、

 

こちらを選べるようにします。

詳しく聞きたい方や見学ご希望の方はお気軽にお申し付けください

THREE by KEEP尾山台
03-6432-2783 03-6432-2783
月, 水, 木, 土   10:00〜19:00
金曜日      12:00〜21:00
日曜日, 祝日    10:00〜18:00
東京都世田谷区等々力5-5-12 尾山台萬八ビル1階