育毛、発毛の薄毛治療薬まとめ。
薄毛治療薬「フィナステリド」と「デュタステリド」「ミノキシジル」の真実
安心安全。女性も出来る薄毛対策ケア紹介

育毛、発毛にきく薄毛治療薬

現在、男性も女性も薄毛で悩んでいる方が非常に増えています

 

男性型脱毛症も男性だけのものではなくなり 女性の男性型脱毛症も現れてきました。

育毛専門店や治療院に行きづらい理由としても、

お店に入るのが恥ずかしい。

料金がいくらかかるかわからない。

ホントに効果があるのか、、、不安。

 

そんななか数々の世に出回っている

薄毛の治療に使われる治療薬についてまずはか確認しておきましょう。

 

 

現在、 薄毛の治療薬として有名なものは「フィナステリド」と「デュタステリド」「ミノキシジル」 の3つがあげられます。

フィナステリド」と「デュタステリド」を主成分としたものは、 AGA(男性型脱毛症)の治療薬として知られています。

AGAは、 男性ホルモンのテストステロンが、 5aリダクターゼ(5a還元酵素)という酵素と結合することで、 ジヒド□テストステロンという強い作用を持つ男性ホルモンに変化。

このジヒドロテストステロンが髪の毛を作り出す毛乳頭の働きを抑制することから、 薄毛が進行するという症状です。

 

フィナステリドデュタステリドは、 5aリダクターゼの働きを弱めることで、 ジヒドテストステロンの生成を防き、 毛乳頭を守ります。

 

ミノキシジルフィナステリドデュタステリドともに効果の高い分、 副作用のリスクもあります。

薄毛の治療に使われるお薬の種類

フィナステリド

フィナステリド(プロペシア)

前立腺肥大症や前立腺がんの治療薬として開発されました。

 

5aリラグターゼの分泌を抑制することにより、男性ホルモンの一種テストステロンがより強力なジヒドロステロンは変換されることを防止する作用があります。

前立腺肥大などの治療過程で、発毛効果がみられたことから、AGA治療薬として用いられるようになる。

2005年10月厚生労働省 AGA治療薬として承認

 

 

フィナステリドの副作用〉

 

・肝機能障害・痒み・じんましん• 発疹・性欲減退・射精障害・精液量減少・睾丸痛

・乳歴圧痛・乳房肥大・抑ウツ症状・目まい・男性不妊症・勃起機能不全・精液の質低下(精子濃度減少、無精子、精子運動低下、精子形態異常なと)・血管浮腫(口唇、舌、口喉および顔面腫脹を含む)・AST (GOT)上昇・ALT (GPT)上昇・ r-GTP上昇

 

 

※特に注意※

 

フィナステリドは男性ホルモンを抑える働きがあるので、女性、特に妊婦が内服することは絶対にいけません。

口から内服することはもちろんですが、皮膚からも成分を吸収してしまうので、錠剤に触れてしまう事もいけません。

フィナステリドを使用している男性の体液に触れるのにも危険だと注意喚起されている方もいる<らいです。

妊婦の体内に入った場合、胎児が男の子だった場合に、生殖器が奇形になる恐れがあります。 そればかりか男女関係なく流産の恐れがありとも。

人間としてのすべての基礎が作られる胎児の時期は、ホルモンバランスに非常に敏感なので、注意が必要です。

ミノキシジル

ミノキシジル(リアップ 日本以外ではロゲイン)

高血圧の治療薬として開発されました。

血管を拡張させる働きがあります。

血管が拡張されることで毛細血管まで血行が良くなり、 血液が頭皮に沢山の栄養を運び、 それが毛母細胞の働きを活性化させ、 発毛が認められました。

しかし、 今では、 高血圧の治療薬としては使われなくなってきているようです。

服用することにより、 かえって肝蔵への負担を増してしまうという副作用が現れることが分かってき たからです。

 

 

ミノキシジルの副作用〉

 

初期脱毛・痒み・アレルギー、多毛症・ニキビ・頭痛・意識朦朧・低血圧・性的不能

・不整脈・動悸・皮膚の紅潮・霞み目・手、 足、 顔のしびれや痛み・性欲減退・胸の痛み・急速な体重増加・下肢、 手、 足、 顔のむくみ

 

重篤な副作用として、循環器疾患

 

※妊娠中は安全が確認されておらす、 授乳中は、 母乳中に移行する為、 使用は厳禁

デュタステリド

デュタステリド(ザカーロ 前立腺肥大症の薬としてはアボルブ)

フィナステリドと同じように前立腺肥大症の治療薬として開発

 

同じように5aリラグターゼの分泌を抑制することにより、男性ホルモンの一種テストステロンがより強力なジヒドロステロンは変換されることを防止する作用があります。

 

2015年9月厚生労働省 AGA治療薬として認可

 

デュタステリドフィナステリドより効果が高いといわれている。

 

5aリラグターゼには「1型」と「2型」があります。フィナステリドは2型の分泌の抑制のみ有効。

 

デュタステリドは1型、2型の両方の分泌抑制に有効です。

また、半減期(薬の成分が血液中に溶け出して、その効果が半減するまでの時間)が長いので有効期間が長いのも違いです。

半減期が長いという事は、抜け毛を予防するという観点では良いのですが、その反面、解毒を担当している肝臓の、機能障害の副作用のリスクが高くなります。

 

米国FDAはデュタステリドについて高悪性度前立腺がんのリスクが上昇する旨を警告しています。

 

デュタステリドの副作用〉

・肝機能障害・黄疸・勃起不全・性欲減少・女性化乳房・乳頭痛

・乳房不快感・精液量減少• 前立腺がん・糖尿病・高脂血症・非アルコール性肝炎

 

※さらに注意※ 女性、子供、子ともを作る予定の方は触れるのもダメ!

 

デュタステリドフィナステリドは男性ホルモンを抑える働きがあるので、女性、特に妊婦が内服することは絶対にいけません。

口から内服することはもちろんですが、皮膚からも成分を吸収してしまうので、錠剤に触れてしまう事もいけません。

 

使用している男性の体液に触れるのにも危険だと注意喚起されている方もいる<らいです。

 

妊婦の体内に入った場合、胎児が男の子だった場合に、生殖器が奇形になる恐れがあります。

そればかりか男女関係なく流産の恐れがありとも。

人間としてのすべての基礎が作られる胎児、子供の時期は、ホルモンバランスに非常に敏感なので、注意が必要です。

髪の毛には「成長期」→「退行期」→ 「休止期」のヘアサイクルがあり、成長が止まつて休止期に入った毛髪が再び成長期に入るまで正常で3~4か月かかります。お薬を1吏った薄毛の治療でも最低でも6ヵ月程度は様子をみるよう医師の方閃も指導しているようです。

ましてや、市販の塗るだけの育毛剤では、なかなか効果がみえないのは当たり前です。

 

プロペジア1mgを使った国内の臨床実験の結果があります

 

1年間 58%  2年間 68%  3年間 78%  で改善の効果がみえたそうです

 

医薬品のお薬を飲むより

女性男性問わずもっと安全で、 健康的な育毛方法をしませんか?

 

育毛は頭皮、髪毛に当然関係しています

 

 

育毛ケア
インナービューティー&育毛の基本
薄毛予防に最適な血管とに最適。

私たち身体の中には色々な機能の細胞や臓器が存在します。

ここでは錆びないカラダ作りを目指した医療レベルのおすすめインナービューティーサプリメントをオススメ致します

老化というものにいかに戦うか!

 

ドクターズサプリの美肌、美ボディのためのダイエットの働き

 

フルボ酸

分を補うことで糖を抑制して、脂肪が付くのを防いでくれる。

フルボ酸や植物性乳酸菌でミネラルバランスや腸内環境を健やかに保つ健康飲料ヴィーダフル100ml購入はこちら

 

水素  

体の中の活性酸素を除去して内をキレイにし、満腹感を正常にしてくれます

オープール アンベリール2(30カプセル)活性酸素を除去!腸内の善玉菌を増やし、アレルギー症状を低減するハイブリッドサプリ購入はこちら。

 

ケイ素

血管がキレイに丈夫になるので、内蔵の機能が活発になり、脂肪や水分の代謝が良くなります。ホルモンバランスを正常にします

水溶性珪素umo超濃縮溶液ZIP umo 500ml

謝、免疫力アップ お水や飲料水に混ぜて飲むだけで血液さらさら動脈硬化を改善必須サプリメント購入はこちら。

胃やの中の脂や有害物質を吸着してくれるので、消化吸収が正しくなり、宿便が取れやすくなります。

 

ファスラボ(Fas Labo)25g(100日~50日分)無味無臭!簡単かつ安全な「腸内炭デトックスケア」購入はこちら。

インナービューティー

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。