こんな使い方あり!?
ありなんです。むしろ、超贅沢。
シャンプーで手を洗う新習慣。

今、より大切になっている習慣

『手洗い』

ひたむきに「髪を綺麗に」を突き詰めた

オーナーが作るシャンプー

自由が丘シャンプー

これで手を洗うという発想。

実はいい事しかないんです。

 

自由が丘シャンプーは、シャンプーソムリエ

オーナー木田が監修し、すべての泡の成分から

保湿成分、エイジングケア成分、防腐剤、質感調整剤、

香り、すべてをこだわり抜き、

すべて天然成分由来から作成し作り上げたものです。

 

まずは、泡について。

手洗い石鹸にも、シャンプーにも、

泡にはかならず

「界面活性剤」が使われています。

界面活性剤とは普段交わることのない

水と油を、交わらせる事が出来るもの。

これが石鹸やシャンプーの『泡』として

髪や頭皮、身体の汚れ=油と

水を交わらせて落としているんです。

 

 

手洗いとウイルス

WHO(世界保健機構)にも

認められている新型コロナウイルス対策として

『石鹸での手洗い』があります。

これは、薬用石鹸など

殺菌効果があるものと限定はされておらず、

界面活性剤(泡)があるもの。

つまり、固形でも液体でも、シャンプーでもボディーソープでも、効果が認められているんです。

 

それは、新型コロナウイルスを含めた

一部のウイルスの構造から定められています。

 

 

ウイルスの構造

新型コロナウイルスを含めた一部ウイルスは

『エンベロープ』と呼ばれる

『油』の膜で覆われています。

この膜が水を弾くので

水洗いだけではウイルスは流れ落ちません。

そこで石鹸の泡。『界面活性剤』

界面活性剤が膜になっている油と水を交じり合わせて

はがすことができます。

そうすると、油のバリアを失った

ウイルスは水で流れ落ちてゆくのです。

 

アルコール消毒も、

ウイルス対策として知られていますが、

手洗いのように「水で洗い落す」という工程がないため

石鹸よりも、ウイルスを落とす効果が低いと

言われています。

 

これが

泡(界面活性剤)がウイルスに強い理由です。

 

では、

ここからどんな泡の石鹸を使うべきか、、、、

 

 

 

そこで当店が提案するのが

自由が丘シャンプー』での手洗い。

もちろんシャンプーなので界面活性剤が入っています。

冒頭でも伝えた通り

オーナーがこだわり抜いて作った

この自由が丘シャンプーの界面活性剤とは。

 

3種類の泡

 

ラウロイルメチルアラニンNa

弱酸性で刺激性が弱く安全性が高い成分として

知られています。

洗浄力はマイルドで肌に必要な皮脂も適度に残してくれるので乾燥を防ぎ、肌のバリア機能を生かすことができます。泡立ちも良く、優れた使用感を実現できます。

 

 

ラウロイルアスパラギン酸Na

アスパラギン酸はアミノ酸の1種で、肌の新陳代謝を促進し、保湿をする効果があります。

角質の水分を保持し肌の潤いを保つという点で、頭皮を良い状態に保ちます。

このラウロイルアスパラギン酸Naは、高い保湿力を持った優秀な成分とされ刺激が少なく、安全性が高いとされています。

 

コカミドプロピルベタイン

脂肪酸(ヤシ油脂肪酸)とアミノ酸の一種(ベタイン)を合わせた、起泡性、洗浄性に優れた洗浄成分です。

皮膚刺激や、目粘膜刺激が少ないのでベビーシャンプーにもよく使われます。

 

 

 

これらの界面活性剤成分は

一般的に手洗い石鹸として世に出ているものの

界面活性剤と比べても

本当に刺激の少ない優しいものばかりです。

薬用石鹸などの、薬用成分も

皮膚を乾燥させたり荒れさせてしまうようなものもあります、、、

 

ちなみに、このシャンプーを使い続けている

当店スタッフの手は、まったく荒れたことがありません。

一日中ずっと、手を洗い続けているようなものなのに。

手洗いが当たり前の今。

出来るだけ、皮膚刺激の少ない泡でと考えたとき、

当店の「自由が丘シャンプー」が

ぴったりなのではと考えたのです。

 

髪も手も。

本当に選び抜かれた優しい界面活性剤と

天然成分でできた

自由が丘シャンプー

栄養たっぷりの贅沢な泡で

新しい手洗い習慣を始めてみませんか?

 

「手洗い用ポンプ付き」

自由ヶ丘シャンプー購入はこちら